フライパンのおすすめはどのメーカー?

ルールフライパン

フライパンを購入する際、ポイントとなる点はいくつかあると思います。

 

 

食材がこびりつかないことは今時は当然の機能で、フッ素加工が主流です。

 

 

 

でも、フッ素加工はフライパンの寿命が短く、長く使用していると食材がこびりつくようになります。

 

 

 

 

 

そして、間違って空焚きしてしまい高温となった場合、有毒ガスを排出するので注意が必要なのです。

 

 

 

 

安全性の点では鉄が今も根強い人気があり、焦げやすく手入れが面倒という欠点はあるものの、
油料理を美味しく作ることでは定評があるのです。

 

 

 

安全で尚且つ焦げ付きにくいフライパンの代表といえば、ダイヤモンドコーティングでしょう。

 

 

 

 

■耐久性

 

 

フライパンは過酷な状況下で酷使される調理器具です。

 

 

 

そのため、剥離や磨滅による劣化が激しく、短いタイムスパンで買い替えることになるのです。

 

 

 

主流と言われるフッ素コートのフライパンは3〜4年で新しい商品に買い替えるのが一般的ですが、使い慣れた調理器具は重要です。

 

 

 

できるだけ長く使いたいものですが、耐久性に着目するとコーティング技術が大きく影響しています。

 

 

 

 

 

今最も注目されているルールフライパンの場合は7層コーティングで、内側はナノダイヤモンドコーティングで、
チタンとのダブルコーティングとなっています。

 

 

 

 

そのため群を抜いて耐久性に優れており、10年保証サービスもついているため安心が人気を呼んでいるのです。

 

 

 

■手入れ

 

 

いかに鉄のフライパンが良いと言われても、手入れがとても大変なのは大きなデメリットです。

 

 

 

最近では焦げ付きにくい鉄のフライパンも出ていますが、使用後の手入れを怠ると劣化してしまいます。

 

 

 

忙しい毎日、調理器具が簡単に洗えて手入れが楽なのは時短に繋がり、後片付けも楽になります。

 

 

 

そのためフッ素加工のフライパンや鍋を買い求めるケースが多いのですが、前述の通り耐久性が弱く、
長く使ううちに焦げ付きやすくなり、手入れが面倒になりがちです。

 

 

 

 

ナノダイヤモンドとチタンのダブルコーティングが主婦を中心に人気が高いのは、手入れの煩雑化から解放されるからで、
調理中のストレス軽減に繋がり、精神的な面でも影響は大きいと言えます。

 

 

 

 

■料理の仕上がり

 

 

 

料理の仕上がりは熱伝導に掛かっていると言っても過言ではありません。

 

 

プロの中華料理人が使う中華鍋は、業務用の強い火力に耐えうるよう作られていますが、家庭用コンロでは、
そこまでの火力はないため家庭向きではありません。

 

 

 

フッ素加工の場合、フライパンと油がなじまないため玉子料理向きではないなど、実は小さな不満があるのです。

 

 

 

調理方法を工夫すればフッ素加工でも美味しく仕上げることは可能ですが、熱伝導はあまり良くないため、
チャーハンなどはパラパラ感が出せません。

 

 

 

 

 

ルールのフライパンを使った料理が他と異なるのが、熱伝導率が高いことにより料理がより美味しく仕上がることで、
同じ料理人で驚く程仕上がりに差が出るのです。

 

 

 

■多様性

 

 

フライパンは炒める以外にも、蒸したり、茹でたり、用途も様々です。

 

 

 

多様性に対応しているということも重要な要素の一つです。

 

 

 

料理によって調理器具も変えるのは至極当然で、、従来通りの鉄製やステンレス製を排除するのではなく、
一つの台所で共存する事は可能でしょう。